Uncategorized

FAST FACTsに聞いてみよう! #153緩和ケアにおけるヘルスリテラシー その2

ヘルスリテラシーについて、

FAST FACTsに聞いてみた続きです。

前回分はこちらをご参照ください。

FAST FACTsに聞いてみよう! #153緩和ケアにおけるヘルスリテラシー その1|緩和ケアに役立つあれやこれ〜緩和ケアの学び方ソムリエが送る耳より情報〜

ヘルスリテラシーって言葉知ってますか? ってかたが多いかもしれません。 厚生労働省の「統合医療」に関するホームページに、 説明が書いてあったので引用します。 診療一般において、医療者と患者さんのさまざまなコミュニケーションが、 医療行為や治療アウトカムに大きな影響を及ぼすことが注目されています。 このコミュニケーションを左右する大きな要因の一つが、患者さんの 「ヘルスリテラシー」、すなわち「情報を理解・活用できる力」です。 患者さんの「ヘルスリテラシー」を医療者が理解し、その向上を支援し、 それに合わせて医療を提供する関係を築くことが、医療者に求められる 新たな課題となりつつあります。 (https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/communication/c01/01.htmlより引用) 難しく感じるかもしれませんが、 って感じで理解しています。 医療者からの説明を理解し、 それらの情報を元に考え、自分の意向を伝える! こういったことって医療者は何気なく患者さんに求めていますが、 冷静に考えるとなかなか難しいですよね。 WAGIは医師なので、ヘルスリテラシーについて、 患者さんが感じるほど難しいとは思いません。 当然です。 一方、別の分野については、知らないことが多く、 と感じることは沢山あります。 先日はちょっとしたことがきっかけで、 インターネット上のサービスに申し込んだ時に、 よくわからなくてカスタマーサポートに連絡をしました。 担当してくれた方は、一生懸命対応してくれたのですが、 聞けば聞くほどどのようにすればよいかわからない・・・何て経験をして、 と、肝心の要件を理解できないのに、 なぜか嬉しくなったという事がありました。 多分、WAGIのその分野のリテラシーは低いって表現して、 間違ってないんだと思います。 まあ、リテラシー、、、そんな感じです。 というわけで、FAST FACTsに聞いてみました。 緩和ケア領域にヘルスリテラシーって?なんだろうってテーマです。 ちょっと長いので、複数回に分けますね。 FAST FACTs #153 Health Literacy in Palliative Medicine からです。 冒頭の衝撃の事実! まず最初に、衝撃のコメントがあります。 薬のラベル、予約表、事前指示書などの情報を理解する能力は、当然のことと思われがちです。 一方、米国医学研究所の報告によると、ヘルスリテラシーは、米国の成人の半数近くに限られます。 それって、ヘルスリテラシーを評価し、 患者ごとのヘルスリテラシーに合わせた医療を提供するのって、 めちゃ大事じゃん! って思いますよね。 というわけで、今回はここまでです。 次回以降、じゃあ、そのヘルスリテラシーを緩和ケアの実践の中で、 どのように考えていけばよいか、続けていきたいと思います。 ちなみに、こちらの本は、WAGIが公衆衛生大学院でヘルスリテラシーについて学んだ時に読んだ本です。 日本語で学ぶなら、実例もありオススメです!

今回は主に、ヘルスリテラシーの問題に気づくことがテーマです。

ヘルスリテラシーの問題に気づくコツ

次に上げるような様子があるときには、

WAGI

もしかしてヘルスリテラシーの問題があるかも・・・

と考えます。

  • 資料を見ない(または、資料を上下逆さに渡されても、右向きにしない)
  • 資料を読むように言われたときに、言い訳をする(例:老眼鏡を家に忘れてきた)
  • 名前ではなく、色や形で薬を識別する(または、ラベルを読まずにボトルを開ける)
  • 薬を間違って服用してしまう(どのように服用すべきか説明できない)
  • 約束を守るのが苦手で、書類の記入が間違っていたり、不完全であったりする

う〜ん、、、そこそこ心当たりありますね。

私の診療経験だと、高齢の方にもいらっしゃいました。

そして、結構重要なコメントが次の記載です。

リテラシー能力が低い人には、罪悪感や恥ずかしさがつきものである。

そのため、多くの人は自分の能力の低さを隠そうとする。

WAGI

苦手な科目ほど、質問できない、

あの気持と一緒だなあ

なんて感じました。

スクリーニング方法

ヘルスリテラシーが低いかもしれない患者の、

情報を理解するために有効なフレーズを紹介します。

有効なフレーズ
  • 今日の説明内容で何か難しく感じたことはありますか?
  • (処方箋のラベルや教育用パンフレットを)読んでもらえますか?
    文字が小さすぎたり、複雑過ぎたり、単に読むのが苦手な患者もいる
  • これはあなたの健康にとって重要なことなので、あなたに理解してもらいたいのです。 最初のいくつかの単語を見て、それが何を言っているのか教えていただけますか?
  • あなたにとってこれがどういう意味を持つのか、説明してもらえますか?

いかがでしょう?

こういう話題になると、

WAGI

患者さんを試している感じがします。

嫌な思いをさせてしまいそうで心配です。

なんて心配されます。

調査によると、リテラシー能力の低い患者さんは、

自分の能力の低さを隠すことに長けているにもかかわらず、

医療従事者がその問題を直接取り上げれば、

しばしば正直に話してくれるそうです。

WAGI

こちらの気がかりなどを伝えながら、

一緒に取り組むといいですね

まとめ

今回は色々考えさせられる内容でした。

ヘルスリテラシー、もう少し続きます。

(アイキャッチ 画像:PACUTASOより引用)