Uncategorized

FAST FACTsに聞いてみよう! #153緩和ケアにおけるヘルスリテラシー その1

ヘルスリテラシーって言葉知ってますか?

聞いたことはあるけど・・・

ってかたが多いかもしれません。

ヘルスリテラシーって?

厚生労働省の「統合医療」に関するホームページに、

説明が書いてあったので引用します。

診療一般において、医療者と患者さんのさまざまなコミュニケーションが、

医療行為や治療アウトカムに大きな影響を及ぼすことが注目されています。

このコミュニケーションを左右する大きな要因の一つが、患者さんの

「ヘルスリテラシー」、すなわち「情報を理解・活用できる力」です。

患者さんの「ヘルスリテラシー」を医療者が理解し、その向上を支援し、

それに合わせて医療を提供する関係を築くことが、医療者に求められる

新たな課題となりつつあります。

(https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/communication/c01/01.htmlより引用)

難しく感じるかもしれませんが、

WAGI

健康に関する情報を理解し、

活用するための力ですね

って感じで理解しています。

医療者からの説明を理解し、

それらの情報を元に考え、自分の意向を伝える!

こういったことって医療者は何気なく患者さんに求めていますが、

冷静に考えるとなかなか難しいですよね。

◯◯リテラシーを考えてみる

WAGIは医師なので、ヘルスリテラシーについて、

患者さんが感じるほど難しいとは思いません。

当然です。

一方、別の分野については、知らないことが多く、

WAGI

むずかしいなぁ

と感じることは沢山あります。

先日はちょっとしたことがきっかけで、

インターネット上のサービスに申し込んだ時に、

よくわからなくてカスタマーサポートに連絡をしました。

担当してくれた方は、一生懸命対応してくれたのですが、

聞けば聞くほどどのようにすればよいかわからない・・・何て経験をして、

WAGI

患者さんもこんな体験をしてるんだ!

と、肝心の要件を理解できないのに、

なぜか嬉しくなったという事がありました。

多分、WAGIのその分野のリテラシーは低いって表現して、

間違ってないんだと思います。

まあ、リテラシー、、、そんな感じです。

FAST FACTsに聞いてみた!

というわけで、FAST FACTsに聞いてみました。

緩和ケア領域にヘルスリテラシーって?なんだろうってテーマです。

ちょっと長いので、複数回に分けますね。

FAST FACTs #153 Health Literacy in Palliative Medicineからです。

冒頭の衝撃の事実!

まず最初に、衝撃のコメントがあります。

薬のラベル、予約表、事前指示書などの情報を理解する能力は、当然のことと思われがちです。

一方、米国医学研究所の報告によると、ヘルスリテラシーは、米国の成人の半数近くに限られます。

WAGI

え・・・・半数・・・・

それって、ヘルスリテラシーを評価し、

患者ごとのヘルスリテラシーに合わせた医療を提供するのって、

めちゃ大事じゃん!

って思いますよね。

まとめ

というわけで、今回はここまでです。

次回以降、じゃあ、そのヘルスリテラシーを緩和ケアの実践の中で、

どのように考えていけばよいか、続けていきたいと思います。

ちなみに、こちらの本は、WAGIが公衆衛生大学院でヘルスリテラシーについて学んだ時に読んだ本です。

日本語で学ぶなら、実例もありオススメです!